windows11を最少要件を満たしていないPCにインストールする

windows11がリリースされました。
残念ながら所有するほとんどのパソコンは、「最少要件」を満たしていません。
「最少要件」を満たすことは、ここ数年発売のパソコン以外では、難しいようです。
PC正常性プログラムによると、
TPM2.0対応ができていないこと、
CUPが最新ではないこと、
が理由のようです。
この2点だけであり、TPM1.2対応ならば望みがありました。

このサイトで、Microsoftが互換性の問題があることを理解できるならば、インストールさせてくれるようです。
レジストリーをいじる必要があること、
ISOファイルをダウンロードして、インストールメディアを作成すること、
を理解して、トラブルを自力にて解消することを覚悟すれば、インストール可能です。

具体的なレジストリー変更は、下記の通りです。
レジストリ キー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetup
名前: AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU
種類: REG_DWORD [32bit]
値: 1

途中、幾つか確認事項に応えながら、
進行して、「情報の更新」で、互換性がないことで、トラブル発生を理解していることと更新プログラムを受け取る権利がなくなることを「承諾」するとインストールを継続できました。
その後は、一晩放置しておきましたら、終了していました。

馴れないことから、使い勝手に戸惑います。ひとまず、大きな問題は無いようです。
このままチェックして対処できない問題が発生しなければ、windows11に切り替えていくつもりです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA