WEBサイト構築情報 value-domain と lolipop の組み合わせで困る

Lolipop(wordpress),Value-Domain, Google Apps の組み合わせで少し困っている方への、情報と未来の自分への備忘録

Lolipop(Wordpress),Value-Domain, Google Apps の組み合わせで、独自ドメインと,独自ssl証明を全て行っている、同じ環境の先人を発見できず、情報が少ないために、困ってしまいました。
 そこで、もし同じように困っている方もいるかもしれないので、未来の自分への備忘録としても、手順と注意点を書き残しておきます。(Special Thanks 先人達)

先ず、value-domainで、素直にlolipopの指定通りにネームサーバーを設定します。
   uns01.lolipop.jp
   uns02.lolipop.jp
※ この設定が活きている間は、Google Apps等を使えなくなります。この点が抵抗のある要因となり、遠回りをすることになりました。

 dnsが切り替わるまで、数分から1日程度待つ必要があります。

次に、lolipopで、独自ドメインの設定を行います。
 独自ドメインのチェックを行うことで、lolipop的に全てOKであることを確認します。

 続いて、lolipopで独自ssl証明の導入です。
  lolipopの設定メニューでセキュリティ→独自sslを選択します。
 指示に従い、設定終了するまで、此処でも数分待ちます。
 ※ 此処までの手順を無視すると、一日程度経ってから、失敗したとのメールが来ます。

 ここまでうまく行ったら、lolipopのメニューから、独自ドメインにwordpressの簡単インストールを行います。
 
 wordpressのインストールが終了したら、Lolipop ftpなどで、
 wordpressをインストールした、フォルダの .htaccess に以下のように追記します。 

# Begin http to https ← この行はコメントです
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]
#End http to https ← この行はコメントです

 この設定にしないと、httpでもhttpsでも、wordpressの管理画面にlogin出来なくなります。(どうにも困った点でした。)

ここまで出来たら、いよいよ、value-domain を設定できます。
ネームサーバーは、value-domain を使う設定に戻します。
(以前うまくいっていた内容に戻すことと同じです。)
さらに、DNS設定を以前と同じ設定に戻します。(Google Appsのサービスを独自ドメインで使用できます。)
その上で、以前の web用に設定していた、cname または aレコードを コメントアウトします。
あらたに aレコードを
 a www 19x.99x.x99.xx1
 a @ 19x.99x.x99.xx1
のように追記します。
 ※ 19x.99x.x99.xx1は、lolipopで自分がレンタルしているサーバーのipアドレスです。
   確認方法は、コマンドプロンプトなどにより、pingで確認出来ます。
   例えば hogehoge.lolipop.jpを契約しているなら、
command>で
        ping hogehoge.lolipop.jp と打ち込んでリターンをします。
そうすると、
 hogehoge.lolipop.jp [19x.99x.x99.xx1]に ping を送信しています ~~~
などと表示されるので、この[ ]の中にある数値がipアドレスとなります。

以上の手順でLolipop(Wordpress),Value-Domain, Google Apps の組み合わせで、独自ドメインと,独自ssl証明を問題なく設定できました。

最後に、独自ssl証明の仕上げとして、Wordpressの設定から一般設定を実施します。
WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)を双方ともhttpからhttpsとすることで、投稿と固定ページ、問合せなど含めて全てをssl化できることとなります。

ご参考になれば、幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

研修予定