Webサイト構築情報 linux vsftpd設定

 LinuxMintサーバーを立ち上げましたが、ファイルアップロードに少し困ります。
もちろん、USBメモリーを差し込むだけで、認識してくれる便利なLinuxMintですが、USBメモリー経由は、回数を重ねると少しめんどくさいです。

 そこで、vsftpdをインストールして、ffftpなどでレンタルサーバーと同様にアップロードとダウンロードできる環境構築をしたいです。

 ftpアプリ自体は sudo apt install vsftpd で、簡単にインストール出来ます。
この後の環境設定に少しだけ、頑張る必要があります。
 書き込みをするためには、これには、 /etc/vsftpd.conf に変更をします。
#write_enable=YES とコメントアウトされている状態を
write_enabel=YES として、解除します。
ついでに、#local_umask=022 のコメントも解除します。 
そして、最低限隠しファイルを扱えることにしたいです。
初期設定のままだと .htaccessファイルなどを表示したり、アップロードを試みると、エラーになります。
これには、 /etc/vsftpd.conf に追記が必要です。
 最終行の次に
 force_dot_files=YES と書き込むだけです。
書き込んだら、
 sudo service vsftpd restart を忘れずに実行します。
これで、先ほどの設定が反映されています。
ffftpdなどで、確認するには、一度接続を切ってから、再度接続をすることで、表示が反映されているはずです。
 これだけの対策で、隠し属性ファイル表示とアップロード、ダウンロードに支障がなくなります。
ご参考になれば、幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA