Webサイト構築情報 baserCMSを学ぶには

 baserCMSテストおよび開発環境をLinuxMintによる、AMPサーバーとして構築する際、色々と苦労しました。そもそも私は、当初、ネット情報だけで対応できると楽観的に理解をしておりました。しかしながら、すぐに遠回りをしていたことに気づけました。そんな人々を増やさないために、些少な情報をお知らせいたします。

 特に困ったのが、baserCMSをインストールしようとして、システム要件チェック画面を表示できないことでした。次にチェック画面に表示されてた、数々のphpモジュールを導入・設定していくことでした。

 このような手間をかけたくないのならbaserCMSの簡単インストールを準備されている、ある意味至れり尽くせりである、レンタルサーバーである、LOLIPOPをお借りして、開発することがお薦めです。全く手間なくbaserCMSをセットアップ出来ます。
 本来は、ローカルサーバーで開発をして、完成後にレンタルサーバーに上げることが、トラブルも少なくなり、より良い方法です。

 そのような方、ローカルサーバーで開発をしたい方々に書籍購入をお勧めします。下記の「基礎から学ぶbaserCMS」を読むことで、基本的なことから、応用までこの一冊で対応することが出来ます。例えば、デザインを変更するときに、必須となるデバッグモード2の使い方は、この書籍で初めて理解できました。ネット検索することをそもそも出来なかった項目です。
ファイルをアップロードする際に、ftpを使用することは、一般的ですが、ローカルサーバーなら一気にインストールに必要なファイルを持ってこれます。そのことを気づかせてくれたのもこの書籍です。ちなみにコマンドは,gitコマンドを使います。
 基本から応用までとの売り文句は、間違いないです。私も意図したように表示されないのは、baserCMSの構成と成り立ちを誤解していたことをこの書籍で理解できました。

 baserCMSは、チュートリアルが用意されており、私も当初チュートリアルで学ぶことも考えました。残念ながら、このチュートリアルは、最新バージョンには対応できていないようです。途中で、行き詰まってしまいました。さらにセットアップ時だけでなく、その後の開発に行き詰まりを感じる時でも、この書籍は頼りになります。私は書籍購入代金を惜しんで失敗してしまった、と考えています。最初から、書籍を入手するべきでした。
この情報がお役に立てれば、幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA