Webサイト構築情報 star server に baserCMSをインストールする

star server,baserCMSでサイト構築をして、少し困っている方への情報提供と未来の自分への備忘録です。

star serverをお借りしてサイト構築をしています。
先ず、最初に困ったのは、独自ssl証明を設定できなかったことでした。
独自ドメインを設定して、その後すぐに独自ssl証明を設定すると、エラーが出てしまいます。
そこで、CMSインストールを専攻することにしました。
 ただ、star serverエコノミープランでは、CMSの簡単インストールは、準備されていません。
そこで、FFFTPを使用して、baserCMSの全ファイルをアップロードすることになります。毎回お約束の通り、FFFTPは、途中何度も切断されて、アップロードを繰り返すことになります。

なんとか全ファイルをアップロードして、baserCMSのインストールを実施すると、インストールに進めません。そこで、調査すると先ず、webrootのindex.htmlを発見します。最初に設定されていたようです。そこで、index.htmlをindex_org.htmlにリネームします。不要かもしれませんが、念のため最初に導入されていた、default_page.pngもリネームしておきます。インストールチェックも無事終了しましたが、ここで次の障害発生です。データーベースはSQLiteを選択しているにもかかわらず、”データーベースを作れない”とのメッセージを表示して次に進めません。困ってしまったのですが、再度全ファイルをアップロードすること数回、何事もなかった様にインストールを終えることができました。

 その後、独自ssl証明を導入したところ、ssl化されたようです。baserCMSで管理画面をsslを使用する設定を行ったところ、管理画面にログインできなくなりました。そこで、いつものおまじないを.htaccessに施します。ところが、今回は、全く通用しません。
 正直焦りました。そこで、念のためbaserCMS管理画面で、ssl化をする際に表示されていた、メッセージを残しておいたことが幸いしました。

「管理システムをSSLに切り替えようとしています。よろしいですか?
サーバがSSLに対応していない場合、管理システムを表示する事ができなくなってしまいますのでご注意ください。もし、表示する事ができなくなってしまった場合は、 /app/Config/install.php の、 BcEnv.sslUrl の値を調整するか、BcApp.adminSsl の値を false に書き換えて復旧してください。」

との仰せの通り、install.phpを変更します。なんとか管理画面にログインできたので、ここで、再度ssl時のurlを変更すると、管理画面でssl化を選択しなくとも、ログインできなくなりました。
いつもと挙動が違います。
何かをやらかしているのでしょう。
仕方がないので、また、install.phpを変更しました。

 まだ、baserCMSもstar serverも、把握し切れていないので、釈然としないことが多いのですが、取りあえず打ち止めとします。
ご参考になれば幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA